HCS-FC - キャッチコピーなど
マイブログ

自己正当化の弊害

今日は、朝からお客様の許へ、そして、お昼過ぎ
からまた、別のお客様の許へ。
そして、その後、明日以降の仕事の準備の為に、
ホームセンターへ。

バタつきながら、過ごす毎日です。

他の頼まれ仕事をやれて無い事に『焦り』

しかし、感謝しながらの毎日です。
有り難うございます。


今日のタイトルは『自己正当化の弊害』です。

私達は、常日頃の生活の中で、無意識的に行動を
おこして居ます。

何気ない行動、又は、言動は、自身の思想を反映
している。

無意識的な言動から、その人物の人格が滲みだし
人間性も解る。

日々の生活、家庭内、仕事場、一人の時、遊んで
居る時、その時、その時で、その人物像が浮かび
あがる。

私は、自分の過去を振り返り、思う事がある。
なんて、自分勝手でわがままで、他人に無関心で
自分を正当化して生きて来たのかと。

今思うと、人格的にとても卑しい、卑怯な、馬鹿
な、憎たらしい、忌々しい、汚い人間性を持った
人間であっただろうか? と強く思う。

私は、そう言う自分を正当化して来た。

だから、自己正当化をしている間は、自分の人格
が変わる事は一切なかった。

勿論、何をやっても、上手く行くはずも無い。
自分の中では、とてもがんばりましたが。
しかし、上手くいかない。

雇用形態別平均賃金




2015年
雇用形態、性別平均賃金




















2015年
用形態、年齢階級別、
平均賃金


















2015年
雇用形態、年齢階級別
平均賃金

















どのグラフを見ても判る通り、男女差、雇用形態の差で、賃金が大きく
異なる事が顕著に示されている。

非正規社員は、正社員の約65%程度の賃金に留まる。

完全に同条件での試算であるかは、精査する余地はあるが、現実問題
としては、生活に困る世帯、困らないまでも、将来の不安、先々の計画
を立てられない世帯が多くなる事は否めない。

今日も、データの掲載のみです。

あなたも、このブログをきっかけに、各国(自分自身の国)のデータ、しっか
りと見てください。
もう知ってるよ、という『人』は、データに基づいた生情報を発信してください。

調べれば調べる程、色んな事が見えて来て、経済の事が、手に取る様に
理解できます。

最初は、点でしか解からない事が、調べる内に線になり、更に進むと面に
なり、やがて立方体になる。(本当の理解)

立体的になっていない知識は、本当の知識ではない。
実践で使えないし、応用も利かないから。

【私があなたに期待するたった1つの事】
あなたに期待する事は、少しでも良いから、経済の生情報に触れる事。
決して、誰かが話した言葉ではなく、データから読む(予測する)事が出来

対外資産、負債

主要国の対外純資産額

純資産とは、資産総額から
負債総額を引いた後に残る
純粋な資産

国内以外の対外国の資産
総額から、負債総額を引い
た資産額が横のグラフ














日本の対外純資産の内訳
を示したグラフ

日本が国外に多くの資産
持っている事を示している
















対外国負債総額

先程の資産総額から引か
れる、負債総額

純資産額+負債総額=
資産総額

対外純資産日本が世界一
純負債は、日本国内の総
負債から、対外純資産を
引いたものが日本政府の
純負債です




今日もグラフの掲載のみです。

現実を数字でしっかりと見る事は、大切な事です。

誰が、何を言ったか、では無く、データに基づく根拠を見る事が大切です。

今後、日本のあらゆる経済指標、データを、数字で示して行きたいと思う。

今日もありがとうございます。 感謝でいっぱいです。

素敵な毎日をお過ごしください。

それではまた。。

世界の人材派遣会社事業所数比較

























人材派遣会社の、日本の事業所数、見てください。

異常です。

今日はこのグラフの投稿のみです。
現実を知る事は、大切な事です。

素晴らしい毎日をあなたに。

いつもありがとうございます。

情報の取説

今日は午前中仕事&事務作業、お昼過ぎにお客様
の所へお届けもの&ティー&ランチタイム。

いつも幸せで、充実感を感じています。

本当に感謝です。
ありがとうございます。


今日のタイトルは『情報の取説』です。

私達の暮らしに欠かせない『情報』ですが、その
扱い方次第で、私達は、幸せにも、不幸にもなる
事が出来ます。

情報とは生物の様なもの、生き物の様なものと、
様々に揶揄されますが、どの様に取り扱えば良い
のでしょうか?

情報化社会と言われて久しいですが、今では、と
言うか、昔からですが、情報は全ての営みの根幹
にあります。

世界の情報化と言えば、西洋では古くは、聖書、
法典、東洋では、教典、論語、日本では、古事記
日本書紀等です。
そもそも、言語そのものが情報です。


これら全て、古くからある、情報化(IT)情報技術
なのです。

今では、紙幣、貨幣まで、ものではなく、情報化
してしまいました。

実際に、現実社会で生きているのに、バーチャル
化し過ぎて、現実身の実感が湧きにくくなってい
る様に思う。

情報とは、人をデータ化し、社会をデータ化し、
また、そのデータを元に、人へ働き掛けて、また
情報としてのお金を得る。
そのお金もまたデータ。

経済と経営

今日は、連休中日にも関わらず、朝、昼、夕と、
バタバタと仕事でした。

京都では祇園祭、山鉾巡行です。

いつの間にか、もう夏真っ盛りですね。

木々には、蝉が2、30匹も留まっていたので、つい手を伸ばしてしまいました。
逃げてしまいましたが。

暑さの中、夏の情緒を感じながら、また、想像し
ながらの仕事でした。
その時その時の情緒を感じられる、心のゆとりが
少しあれば、良いですね。


今日のタイトルは『経済と経営』です。

余り当たり前過ぎて、見過ごし易いので、綴りた
いと思います。
また、私が思う事も少し綴りますね。

経済と経営の違いを、あなたはご存知ですか?

経営とは簡単に言うと、何かしらの事業を営み、
利益を上げる為の活動です。

一方経済は、全体的、社会的にお金の循環等が、
滞りなく、バランス良く行われる様にする為の
活動です。

違いは明らかですね。

経営は、利益を考えての活動で、経済は、循環を
考えての活動です。

因みに経済の事を経世済民と言います。

今の社会は、経済ではなく、経営を基本にして、
多くのシステムが出来ています。

経営の観点から見ると、無駄な事も、経済の観点
から見ると大切な事は沢山あります。

また、経営の観点から見ると、要らない事でも、

経済指標データ(資料)

今日は、連絡、告知。

○得経済の、その他経済に、日本経済にとって
極めて重要な経済指標データ(資料)を掲載した。

日本人として、日本国民として、これらの資料
に目を通して頂きたい。

そして、そこから得た情報から、日本経済を読
み解く力を養って頂きたいと思う。

初めて経済に触れる方には、少し難しいかもし
れませんが、これらのデータ(資料)には、重要
な経済情報が示唆されている。

メディアからの情報では、一切出て来ない真実
が隠されている。

解説を入れる予定だが、まだ入れていない。

これらのデータ(資料)に、あなたの解説を是非
付け加えて頂きたい。

沢山の方に、シェア(共有)して頂きたい。

あなたの幸せをサポートしたい。

素晴らし毎日をあなたに。



信念と幸福

今日は梅雨始まりで雨。

バタバタしていた事も有り、久しぶりの投稿です。

弊社は早いもので、5月末で、開業4周年でした。

6月から、5年目。

アッと言う間に過ぎた4年間でした。

会員様の弊社へのお心配り、ご配慮が、弊社をここまで
育ててくださったと、感謝しております。

この場をかりて、心より御礼申し上げます。
有り難う御座いました。


今日のタイトルは『信念と幸福』です。

私が、今の事業を始めた動機は、社会が閉塞感に包まれ
ている今日の日本に、活力や積極性を取り戻したいと、
思ったからです。

人々が、自由、平等、合理化、改革、と言う名の下に、
分断され、コミュニティーが壊され、文化や歴史、教育
が廃れ、誇りを失い、主体性、協調性や秩序、責任感、
様々な社会的資産(財産)を失い、その結果、社会全体が
活力、積極性を失った。

そんな中、5年前、2011年3月11日に、東日本大震災が
起こった。

天災なので、地震や津波自体は防ぎ様が無いが、災害時
救援、救助活動や支援、災害後の復興支援が行われた。

世界中から復興の為の支援、義援金が送られた。

世界が一つになった様な気がした。

支援を受けた国民の一人として、純粋に、感謝の気持ち
しかない。

私は、感謝すると共に、緊急時に人々が持つ支援活動時

継続は力

今日は朝からお客様のところで作業、2時半頃帰って
来て、家での仕事、今やっと一息ついたところ。

作業に追われ、遅れている仕事に取り掛っています。

後、1週間は、作業を隙間に入れ、家での仕事に缶詰
めですが、一番大切な仕事ですので、しっかりとやり
遂げたいと思う。


今日のタイトルは『継続は力』です。

使いふるされた言葉ですが、私には、とても思い出深
い言葉なのです。

私が、小学校4年生の時に担任になった、新任の日向
先生、6年生までの三年間を受け持ってくれた。

出来の悪い私を、何時も蹴ったり叩いたりしてくれた
怖い先生でしたが、反面、優しくもありました。

厳しさの中に、優しさを持った方だと、今でも思う。

その、担任の日向先生が、卒業式が終り、最期教室か
ら校庭に、生徒ひとりひとりを送り出してくれた時。

その時、先生が泣きながら私に掛けてくれた言葉が、
『継続は力』でした。

私も泣きながら、力いっぱい握手しましたが、その時
の情景は、余り覚えていませんが、その言葉だけは、
30年経った今も、鮮明に覚えている。

今、思い返しても、素晴らしい言葉を頂いたなぁと嬉
しく思う。

私も今、継続は力の威力を、ヒシヒシと感じている。

何となく意味は解っていたつもりだったが、今さらな

感謝と生命力

被災地の方々へ。
九州地方の被災された方々へ、心よりお見舞い申し
上げます。
また、お亡くなりになられた方、心より、ご冥福を
お祈り申し上げます。

私自身、自分に何が出来るか?考えて、最大限の効
果が得られる様に、協力していきたいと思います。



今日は朝からお客様の許へ。

作業を終えて帰宅、家でも事務的作業。

遅めの昼食をとり、一息して、また作業。

充実した一日を、感謝の心、気持ちで終えた。

先程、夕飯を食べ、今この文章を綴っている。

何と幸せ者か、とまた感謝の気持ちが頭の中に充満
している。

今日のタイトルは、『感謝と生命力』です。

最初私は、感謝の気持ちが頭の中に充満していると
書きましたが、感謝出来る心境に有るから感謝して
いる訳ではなく、感謝出来る事を見つけフォーカス
出来ているからこそ、感謝の気持ちでいっぱいなの
だと思う。

そして、感謝の気持ちは、良い出来事、悪い出来事
に関わらず、持つことが出来る、心の置き所、在り
方次第です。

幸せな人は、感謝の気持ちを頭の中に充満している
し、不幸な人は、不安、心配、怨み、妬み、悲しみ
等を充満している。

嫌な事が起きた時でも、あなたは感謝出来るだろう
か? また、幸せを実感出来るだろうか?
RSS

最新記事

テーマの副題
気付きと覚醒
事実との向き合い方
言葉と心
大晦日と晦日と毎日

最も人気の高い記事

no-excuse
W-W-CS
テーマの副題
気付きと覚醒
事実との向き合い方

カテゴリー

「質」クオリティー
1%の人
100分の1
2周年
3周年記念
60兆の細胞
WIN-WIN-WIN・・・の法則
WIN-WINの副産物
W-W-CS
yes&noの原因
アイデアの見つけ方活かし
あなたの周り
ありがとう
アンテナ
インプットとアウトプット
インフラとビジネス
おでかけ
オペラ
ギャップ
グローバル化のリスク
コアと命と時間
ご縁2
サッチャー
システムで動く
スタンス
セットとリセット
チャンス追求型から戦略型
ちゅうとかん
テーマの副題
ネット国内資金需要グラフ
バラ
バレンタインデー
フォーカスポイント
プライオリティー
プロセス
ポジショニング
マザー・テレサ
マネタリーベースとインフ
モチベーション
ゆらぎ→エネルギー→結果
リアクションからアクショ
リスク.ウエルカム
リバティー
ルール格差
一事が万事
久々の更新
事実との向き合い方
事実は結果
人生の意味
人間の能力
今が大切
仕組と信用
仕組と実務
企業と国
伝統技術の精神性
価値の変化
信(しん)
信念と幸福
信念と決断と行動
信用と仕組
信用の壁
信頼
信頼の居場所
信頼の理由
信頼はオアシス
先見性
先責後欲
出入り口
分かち合い
初体験
創造的思考
千代の富士還暦
受容
可能性
可能性の追求
同調と協調性
名前の由来
向伸塾
命が輝く時
命の密度
命の置き所
因果
在り方の質
基本
変化
多数決
大晦日、晦日、小晦日
大阪W 選挙
失敗と成功の隙間
奴隷解放宣言
姿勢(スタンス)
学びとは
学びは真似る
学ぶ
実践者
対外資産、負債グラフ
尊、敬。感謝
居場所とコミュニティー
己を知る方法
市場と思想
建国記念日
強さの秘密
徳と真理

心と体
心に住む
心の炎症
心の王様
思考、自分事、身体性
思考と存在
恒星と惑星
悩みは甘い
情報の取説
愛したいのなら
感謝
感謝と生命
感謝と生命力
感謝の心
感謝の手紙
我が意を得たり
手段<目的
改革と改善
教育
教育(学び)の矛盾の統合
教育シンポジウム
新嘗祭
新年のご挨拶
春が来た
春分の日
普遍と大変
最初の成功
最強と無敵
本心と偽りの心
本来の姿
樹業と企業
樹業企業
橋渡し
欲望と誠実
武士道と愛の共通点
歴史の遺産
死ぬまで活きる
殻を破る秘訣
気付きと覚醒
永続と普遍性
決➜動
派遣会社事業所数比較
流通学
潜在意識を味方にする
生きるという事
生様は死様
目標は予定
相対性
真のWIN-WIN
真実を見る目
真理と信頼
研修
研修1
競争の目的
第4回シンポジウム
節分
約束
約束の形
素直と正直
細胞と社会
経営と公共の関係性
経営要素
経済と経営
経済指標データ(資料)
結果とは?
結果思考とプロセス思考
統合性
継続は力

背中で語る
自尊心と自我
自己嫌悪
自己正当化の弊害
自己責任の本質
自然と人間
自由=責任=宝=幸せ
臭いものには蓋ha
臭いものには蓋は要らない
英知
被害者意識からの脱却
視点
言葉と価値
言葉と心
言訳はしない
詞(ことば)
誠、愛情、調和
負けるが勝ち
資源(リソース)
資産とコミュニティー
資産の元
雇用形態、年齢階級別、性
検索エンジンの供給元: