HCS-FC - キャッチコピーなど
マイブログ

企業と国

今日は良い天気で、桜の花も芽吹いて、お花見がもうすぐ盛んになる。

四季を楽しめる日本の季節に感謝。

草木が芽吹く季節は、人も活発になり、行動的になる。

同時に、仕事も更に忙しくなる。


今日のタイトルは、「企業と国」です。

先日の、グローバル化のリスクの補足的な内容として綴りたいと思う。

企業とは、世の中に需要を起こし、その需要に応える供給(商品、サービス、役務)を
お客様に提供(販売)し、利益を上げ、更に、利益を効率よく再投資して、また利益を
上げる。

それにより、資金を調達した株主や、利益に貢献した従業員に還元する。

また、税金を国に納め、国は基本、税収により、国家を運営する。

私は最近、特に思い、危惧する事は、企業と国家の利害がかけ離れていて、国家の
存続を脅かす存在になって来ている事である。

基本、国家と、企業は、「目指す所が違う」と言う事なのだと思うが、その目指す所が
違う国家に、市場原理をそのまま導入しようとしている事が特に問題だ。

これは、とても危険なことである。

何故なら、国は、国民全体に責任を持たなければいけないからである。

この国民は生産性が低い、もしくは無いから、駄目だ!!などと、国がリストラクション
を国民を対象に行なったなら?? とんでもない事になる。 即ち死です。

しかし、企業は、市場原理に従い、効率性、利益を追求する。

企業は、市場や、株主、優秀な人材には責任を持つが、それ以外には容赦無し。

これが現実だ。

国家は全国民に責任を持つ。 (正常な国家なら)

何度も言いますが、企業と国は目指す所が違う。

特にグローバル(多国籍)企業は、それが顕著だ。

私が言いたい事は、多国籍、グローバル企業が駄目だ!! と言う事ではない。

国、国家に、そのルール(市場原理)を持ち出して来て、当て嵌め様とする事が、危険だと
言いたい。

解り易く言い換えると、国家は、全員に責任を持つと言う意味において、家族、家庭見たい
なものです。

家族の主は、子供や孫に対し、生産性が低いから必要無い、クビだ!! とは言わない。

その、反対にどうやって守るかを考えるのだ。

企業も同じだと言う反論もあろうと思いますが、本質的に目的が違うので同じではない。

市場原理を国に当て嵌めて考えるよりも、国は、市場が如何に健全に作用して、国民生活
命を守れるのか、リスクに注視し、国家の運営を行なわなければならない。

反対に、それが出来ないのであれば、税金を集めるのをやめて頂きたい。

国家と企業(特にグローバル企業)は、目的が大きく違う。

その事を、しっかりと理解し、そして踏まえて、国の運営をお願いしたい。

それが、国家の国民に対しての責任であり、任務である。

しかし、私達国民も、国と、企業の在り方を、同じ様に見がちである。

それは、特性や、目的の違いを理解していないからである。

家族を企業のルールで考えるとスグに理解出来るのに、国になると××

国家は国民の命、生活を守る為にある。 利益追求では無い。

勿論一切追求しないで良いと言う訳ではなく、目的が違うと言う事を強調したい。

家族、家庭も、赤ん坊や知恵のない子供を守りながら育て、そして守る側になれる様に教育
して行く最小のコミュニティー。

命を守る、エネルギー、食糧、水、インフラ、防衛(日本はお金を払いアメリカ軍任せです)

福祉、医療、教育は、基本、利益の出ない投資です。

これらに、国以外、安定的に投資、維持を継続は出来ない事は明白でしょう。

あなたのご意見もお聞かせ下さい。

何時も有難う御座います。

素敵な毎日を。



企業と国に対する1件のコメント:

コメントRSS
tag heuer sale on 2015年4月11日 13:08
Submit an application one or two droplets for a white colored pad plus get rid of a bothersome stains out of around light circular actions.
コメントに応答する

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment
RSS

最新記事

事実との向き合い方
言葉と心
大晦日と晦日と毎日
武士道と愛の共通点
自然と人間

最も人気の高い記事

no-excuse
W-W-CS
事実との向き合い方
言葉と心
大晦日と晦日と毎日

カテゴリー

「質」クオリティー
1%の人
100分の1
2周年
3周年記念
60兆の細胞
WIN-WIN-WIN・・・の法則
WIN-WINの副産物
W-W-CS
yes&noの原因
アイデアの見つけ方活かし
あなたの周り
ありがとう
アンテナ
インプットとアウトプット
インフラとビジネス
おでかけ
オペラ
ギャップ
グローバル化のリスク
コアと命と時間
ご縁2
サッチャー
システムで動く
スタンス
セットとリセット
チャンス追求型から戦略型
ちゅうとかん
ネット国内資金需要グラフ
バラ
バレンタインデー
フォーカスポイント
プライオリティー
プロセス
ポジショニング
マザー・テレサ
マネタリーベースとインフ
モチベーション
ゆらぎ→エネルギー→結果
リアクションからアクショ
リスク.ウエルカム
リバティー
ルール格差
一事が万事
久々の更新
事実との向き合い方
事実は結果
人生の意味
人間の能力
今が大切
仕組と信用
仕組と実務
企業と国
伝統技術の精神性
価値の変化
信(しん)
信念と幸福
信念と決断と行動
信用と仕組
信用の壁
信頼
信頼の居場所
信頼の理由
信頼はオアシス
先見性
先責後欲
出入り口
分かち合い
初体験
創造的思考
千代の富士還暦
受容
可能性
可能性の追求
同調と協調性
名前の由来
向伸塾
命が輝く時
命の密度
命の置き所
因果
在り方の質
基本
変化
多数決
大晦日、晦日、小晦日
大阪W 選挙
失敗と成功の隙間
奴隷解放宣言
姿勢(スタンス)
学びとは
学びは真似る
学ぶ
実践者
対外資産、負債グラフ
尊、敬。感謝
居場所とコミュニティー
己を知る方法
市場と思想
建国記念日
強さの秘密
徳と真理

心と体
心に住む
心の炎症
心の王様
思考、自分事、身体性
思考と存在
恒星と惑星
悩みは甘い
情報の取説
愛したいのなら
感謝
感謝と生命
感謝と生命力
感謝の心
感謝の手紙
我が意を得たり
手段<目的
改革と改善
教育
教育(学び)の矛盾の統合
教育シンポジウム
新嘗祭
新年のご挨拶
春が来た
春分の日
普遍と大変
最初の成功
最強と無敵
本心と偽りの心
本来の姿
樹業と企業
樹業企業
橋渡し
欲望と誠実
武士道と愛の共通点
歴史の遺産
死ぬまで活きる
殻を破る秘訣
永続と普遍性
決➜動
派遣会社事業所数比較
流通学
潜在意識を味方にする
生きるという事
生様は死様
目標は予定
相対性
真のWIN-WIN
真実を見る目
真理と信頼
研修
研修1
競争の目的
第4回シンポジウム
節分
約束
約束の形
素直と正直
細胞と社会
経営と公共の関係性
経営要素
経済と経営
経済指標データ(資料)
結果とは?
結果思考とプロセス思考
統合性
継続は力

背中で語る
自尊心と自我
自己嫌悪
自己正当化の弊害
自己責任の本質
自然と人間
自由=責任=宝=幸せ
臭いものには蓋ha
臭いものには蓋は要らない
英知
被害者意識からの脱却
視点
言葉と価値
言葉と心
言訳はしない
詞(ことば)
誠、愛情、調和
負けるが勝ち
資源(リソース)
資産とコミュニティー
資産の元
雇用形態、年齢階級別、性
検索エンジンの供給元: